Leiの翻訳日記

フリーランス翻訳者の日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「日本語に引きずられない」

これは英文ライティングに限らず、スピーキングにおいても
大切なことで、英語を勉強されている方の多くが
感じていらっしゃると思います。

そのまま置き換えては、意味が違ってしまったり
不自然な英語になることは多々あります。

また、「同じ単語の繰り返し使用は避けろ」と
イギリス留学中に先生から教わりました。
その方が文章が豊かになります。

帰国後、外資系企業に勤めましたが
そちらのネイティブのエディタも同じ考えでした。
私の場合、HPや年次報告書に載せる活動報告を
チェックしてもらうことが多かったのですが、
これはかなり勉強になりました。

簡潔さも大切で、例えば一度"Government of Japan"
と書けば、その後は"The Government" だけでOKなのです。

ところが、これが産業翻訳界では通用しないことがあります。
それが「語彙統一」。

ある翻訳会社から、「語彙統一にうるさい企業なので
必ずこの訳語を使ってください」と対訳表を渡されました。

「A工程用ロボット」が"Robot for A process"となってたら、
必ずこの訳語にしなければいけません。
2度目からは"the Robot"だけにした方がどれだけ
スッキリするかと思うのですが。
で、「装着」が"mounting"。
"install"も"attach"も使えない。
この件で翻訳会社に確認したところ、「表に従って下さい。
産業翻訳は語彙統一が命ですから」とのこと。

当然マニュアル等の操作手順では訳語を統一します。
メニューで「新規テーブルの作成」が "Create New Table"なら
操作手順では"Create New Table"と訳します。
しかし、その他の文で「新規テーブルの作成時に」とあれば
"When creating a new table"としたいわけです。

そういったことも許されないと、結構きついです。
最近社内翻訳を始めた友人から同じような話を聞きました。

彼女の派遣先は大手企業のソフトウェア開発部。
外注の翻訳は質が悪いということで、社内翻訳者を
雇うようになったらしく、とにかく語彙の統一が最優先。
単語レベルではなく文章レベルで。

例えば、エラーメッセージの英訳。
「~を確認してください」とあれば、すべて
"Please check ..." としなければいけないらしい。
「~」の部分によって "confirm" や "refer to" の方が
適切な場合もあると思うのですが。

彼女曰く、「すみません」を"I'm sorry." "Thank you."
"Excuse me." のどれか1つに統一しろと言ってるようなもの
らしいのですが、このレベルの語彙統一を期待されると、
どんな翻訳会社に依頼しても、「質が悪い」となりますよね。
そんな翻訳する翻訳者はいませんから!

彼女も、状況・文脈によって訳語が変わると説明しましたが、
聞き入れてもらえず、返ってきた言葉は
「統一されているほうがキレイだから」

「キレイ」とは??
画一性を好む日本人ならではの発想か?
でも私は語彙統一された文章を見てキレイと思ったことはない。
では欧米人の発想なのか??

以前、日本版マニュアルは日本で、英語版マニュアルは英国で
作成されたソフトウェアのマニュアルをみたのですが、
厳密に統一されてはいませんでした。

例えば、「分岐」
画面上は "Divergence" となっているので
機能説明のタイトル部分はもちろん"Divergence"。
その説明文では、シンプルに"branch"を使っていました。

これを考えると、ガチガチな「語彙統一」は
英語圏からの要望ではないように思うのですが。
「語彙統一」は必要です。でも限度ってものがあるのでは。

その「限度」が人それぞれだから厄介なのか。
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://translate.blog76.fc2.com/tb.php/13-757d3330

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。