Leiの翻訳日記

フリーランス翻訳者の日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
なんだか予想外に仕事が続いてしまいました。

年度末も思ったほど減らなかったし、4月に入ってからは
待ってましたと言わんばかり。

特に困った依頼もなく、調子にのって受けていたら
もう4月10日ですか。

ありがたい事なのですが、そろそろちょっと休憩を。

手持ちの最終納期が4月22日なので、それ以前の納期の
翻訳の受注はストップします。

TVの特番もニュースも全然見れませんでしたが
聖火リレー(Torch Relay)は気になるので、BBCのサイトでチェックしていました。
サンフランシスコはまもなくスタートかな。

"Free Tibet"
プラカードにもあった "Talk to him"
本当に、1日も早くダライラマと中国政府の
直接対話が実現すると良いのですが。

BBC NEWS "Have Your Say"に、
Should sport and politics mix?
というスレッドがありまして、今は
Will protests dampen the Olympic spirit?
というタイトルで、世界中から多くのコメントが寄せられています。

BBCなのでイギリス人からのコメントが多いですが
さすが皆さん、自分の意見を伝えるのが上手です。
伝えたい事をシンプルな英語で簡潔に。でも個性あり。
もちろん、イギリス人ならではの皮肉たっぷりのコメントもあります。

そういえば、私は文章が長くなりがちで、ロンドンにいた頃は
短く簡潔な文章を心がけるようにとよく言われました。
Editする時には、文章を足すのではなくCut するようにと。
でも、どうもうまくできなくて、あれもこれも書いてしまう。

そして今もそんな感じで、ブログは続く。。
スポンサーサイト
明日納期の英訳の仕事、意外に早く終わりました。

初めてのクライアントさんだったので、時間がかかると思いましたが
原稿が非常によくできていて、普段と同じペースで翻訳がすすみ
今日午前中に納品しました。

いつもこんな仕事ばかりだったらいいんだけど。

さてさて、それで今日の本題。

報告が遅くなりましたが、12月11日の日記に書いたクリスマスカードの件、
カードに記したメルアドに返事が届きました。

全文はのせられませんが

We do not have anyone of that name working here
so I'm afraid I cannot pass it on.

ということです

私が出した先の某団体のManagerさんからです。
ご丁寧にご連絡いただき恐縮です。

やっぱりなぁ。
某団体というのは、某有名チャリティー団体。
やっぱり買ったカードだったか。

普通だったら、疑う余地はないんですけどね。
住所知らないから、その団体に送ってみるしかない。

いつも彼女が送ってくれたのは、勤めている会社から支給される
役職名と名前が印刷されたクリスマスカード。
でも今回は印刷されていないし、買ったカードでは?

でも、私が某国際機関に勤めていた時に支給されたクリスマスカードに
名前は印刷されていなかった。

ということで、一か八か、yahoo.co.ukのIDのAddressGuardで作った
捨てアドを書いて送ってみたのですが、、、やっぱりね。
残念。

AddressGuardというのは、Yahoo!Japanのセーフティーアドレスと
同じ機能のものです。

でも、Yahoo!Japanの場合、無料のヤフメで取得できるセーフティーアドレスは
最大10個なのですが、AddressGuardは桁が違う。

なんと、最大

500 disposable email addresses



500って。

一生かかっても使い切れないだろうこの数、
絶大なる安心感を与えてくれます。

今日久しぶりにログインして思い出しました。
ブログに書こうと思っていたのにすっかり忘れてた。

以上、2ヶ月前の出来事の報告でした。
今日Londonからクリスマスカードが届きました。

誰からだろうとワクワクしながら開封したのですが。。

誰だかはっきり分からない

First nameで心当たりがあるのは一人。
もう7-8年、音沙汰無しの人。

カレッジのアサイメントで、3週間ぐらい
某企業の研修を受けたことがあるのですが
私があの人かなって思っている人は
その時お世話になったその会社の人事の人。

毎年その会社あてにクリスマスカードを送っていて
彼女からも届いていたのですが、ある年から届かなくなり、それっきりに。

その人だったら、本当に、本当に嬉しい。
筆跡が似ているので、たぶん彼女だと思うのですが。。

Family nameが違うんだよなぁ。
結婚したかな?

一度彼氏と日本に遊びに来たことがあって
その時結婚するって言ってたような気がするし。

今回届いたカードの裏に、某団体の名前等がはいっているのですが
私が研修を受けた企業とは違うので、転職したのかな。

一応その団体の住所に、クリスマスカード送ってみます。
今日も無事納品をすませほっと一息。
次回は月曜納品なので土日も仕事ですが
今年1年がんばると決めているので
週末も仕事を入れています。
というのも、来年でイギリスから帰国して
10年になるため、久しぶりにあちらを旅行したいな
と思っているからです。

ロンドンに2年ほど滞在したのですが、
帰国した年にはブレア政権が誕生したり
ダイアナ妃が亡くなったりと色々なことがありました。

先日ブレア首相が党大会で最後の演説というニュースが
ありましたが、労働党圧勝の選挙からまもなく10年。
ブレア政権誕生の選挙当日は、"Have you voted?"
という言葉があちことで聞かれ
選挙への関心の高さに驚いた記憶があります。
Manifesto(マニフェスト)という言葉もその時覚えました。
今では日本でもすっかりおなじみですね。

一番驚いたのは日本の新聞で「ブレア」首相という
カタカナ表記を見た時。
はじめBlair首相のことだとは気づきませんでした。
あー、そうなっちゃうわけね、と驚くやら感心するやら。
私は日→英の仕事しか受けないのですが、
カタカナ表記を考える苦労をしなくて良いは
もしかしたら非常にラッキーなことなのかも。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。